エプロンをユニフォームとして利用【統一感を生む工夫】

飲食店

業務用だから丈夫

従業員

鮮魚を扱う場合は清潔感を保つために水を大量に利用する事があるので業務用エプロンなどを身に付ける必要があります。そのためスーパーなどでもよく利用されるアイテムとなっています。

View Detail

機能も様々

コック

業務用エプロンは働く職場に適した機能を持っているエプロンです。特に食品を扱っている様なお仕事であれば衛生などを求められるので白いエプロンなどであることが多いようです。

View Detail

エプロンを利用

コック

ユニフォームとして使われているエプロン

某有名雑貨店のスタッフのユニフォームは雑貨店名が入ったエプロンです。凝った作りというわけではないのですが清潔感がありおしゃれなエプロンになっています。スタッフエプロンは非売品ですが色違いも同じ形のものが店頭で販売され売れ筋商品となっています。男性スタッフも同じようにユニフォームがエプロンです。つまり男性も女性も体型を気にせず身に着けることができる万能のユニフォームになっているのです。有名雑貨店のようにエプロンをユニフォームにする業種がいろいろ増えています。たとえばデパートの地下食料品売り場に行くと各コーナーでエプロン姿のスタッフが商品販売を行っています。食品を扱う場所ではエプロンは最適なユニフォームになります。

影響している家事を行う男性の増加

母の日のプレゼントとして定番商品のエプロンは女性が身に着けるものとして認識されていましたが、喫茶店からカフェに変わり始めたあたりから少し様子が変わってきています。ギャルソンと呼ばれる男性のウェーターがおしゃれにエプロンを身に着けて接客をすることが増えてから、様々な形のものが普通に販売されるようになっています。おしゃれアイテムとして活用されることもよくあります。デザインが個性的過ぎて本来の役割を果たさないタイプのものも普通に売られています。結婚祝いにおそろいのエプロンを贈る人も増えています。男性が普通に家事を行うようになっていることが影響していると考えられます。母親の象徴だったものが時代とともに変化しています。

専門業者に注文する

飲食店

飲食業界では清潔に調理するために、様々な気配りをしなければなりません。そうした一環として、業務用のエプロンを用意したいと考えている方も多いでしょう。そのような場合は専門業者を頼ってみましょう。

View Detail